日々徒然創作日記


慣れると可愛い


昨日は1日何をしていたかと言うと、前回の記事でお話したカブトムシのお家を作っていました。


初めは昔飼っていた金魚の大きい水槽が残っていたのでそちらで三頭を育てようと考えていたものの、大きい水槽に土を八分目入れたら重さで持ち運びが出来ないのでは…とハッと気付きました。

昔それで金魚の水槽いっぱいに水を入れて二階でお世話していたので…それが重くて持ち運べなかったんです。


たまたま昆虫用ケースも残っていたので、一頭はそちらでもう二頭はペットボトル飼育にすることに。


腐葉土を買いに行く前、前日から活きの良すぎる子がカップの蓋の上まで這い上がって、逆さまの姿でこんにちはをするんですけどそれがすごく可愛くて。

逆さまな状態で前足でカップのフタをカリカリ音を立てて、その度にカップの蓋を開けて土に潜るまで待っていました。

その姿を眺めていると癒やされます…プリプリしてて可愛い。


空気の問題もあるかと思い外出前に蓋を少し緩めてテープで貼って外へ出ました。

土、結構カップいっぱいにまんべんなく入っていたので空気穴は合っても多分あまり酸素が行き渡ってなかったかもしれません。

餌が無くなるとよく土から顔を出すことも多いそうです。


出掛けて必要な物を揃え一時間後に帰宅、早速カブトムシのお家作りをはじめました。


2リットルのペットボトルを半分に切って下になる部分を熱湯で縮ませ、水で口を冷やして置くと簡単にお家作りが出来ました。

たまたま家にペットボトルがあったので大助かり。


お次は土。

土は水で湿らせて揉むんですが、大きなタライがあったら揉みやすかったかな…と使わない洗面器で悪戦苦闘しながら揉み揉みしていました。

それと、ゴム手袋があると染みないで便利。

おもいっきし綿手袋を使って混ぜていたので見事にビチャビチャになりました…おーう


土が良い具合に湿ったので昆虫ケースとペットボトルふたつに多めに入れて完了。

次は幼虫ちゃんのお引っ越し。


筆頭は私が一番愛す「カブちゃん」

先ほど話した活きが良くて反り返って出てきた子です。


幼虫はデリケートなので柔らかいし簡単に潰れてしまう上、人間の手で直接触ると低温火傷をしてしまうそうです。

手袋をしながら恐る恐る潰れないよう土を掘ってケースに入れていたのですが…


あれ?いない…?


いやー、まさかなー、と不安にかられながらカップの土を全て出すと。







カブちゃんがいない!!!!


 


うそーん!!!


二階の自分の机の上に置いていた三頭の幼虫ちゃん。

もしや…と思いながら急いでわらびの部屋へ猛ダッシュ。

どこだどこだと探していたら、机の奥からカリカリカリ…とあの音が。


恐る恐る机の棚の下へ覗いて見ると、そこにカブちゃんがひっくり返って机の横を足でカリカリしていました。

床に落ちて無くて良かったと一安心。  


しかしよく考えたら一時間もそこへいたのかと思うと、しっかりカップの蓋を固定しておけば良かったと反省。

虫も命がありますし、床に落ちて破裂する危険性もあったと思うと今後気をつけていかなければと再度反省しました。


そんなハプニングがあったものの、カブちゃんは元気いっぱいでした。


残りの二頭も土の上に置いてあげると自力で潜っていきました。

おしりがプリプリしていて可愛い姿でした。


幼虫を土に移す時、世のカブトムシの飼い主さん達はどうやって移してるんだろう…と動画を見ていたら、ケースを逆さまにしてドバッと移し替えていました。

だ、大胆な!!そんなに雑で良いの?!と驚きでしたね。


なんとか無事(?)お家も作ってあげれたことだし、毎日観察して楽しく育てて行こうと思います。


三頭の名前はまた後日お伝えしようかと。誰得?と思われるかもしれませんが、聞いてあげてください。



お祭りにて




仕事終わり、隣より少し奥の地域のお祭りに誘われて行ってきました。


ツイッターではお祭りに行く度にお祭りの呟きをしていたので、何回お祭り行くの?と思われている方も多いと思われます。


私の住む地域とその周辺は夏になるとお祭りが盛んで。 

その度に誘われることも何度か多く、食べ物の誘惑に一本釣りです。

だって屋台のおでん美味しいんだもの…


たまこんにゃくやチョコバナナ、クッキーをモリモリ食べながら回っていると…

一番隅のお店、あれはなんだろうと思いながら通ったら、まさかのカブトムシとクワガタのお店で。


カブちゃんを読んでいた私としては大変興味深いお店でした。

カブトムシなんてホームセンターにいるじゃんなんて、そこ!気にしない!外で眺める楽しさもあるんだぞ!くぅおらー!!


と…まあ、ちょいと逸れましたが。

カブトムシの成虫は全て完売、残っていたのはクワガタのみでした。

カブトムシの人気は凄まじいなと思いつつも、北海道では見かけないのでやはり道民の皆さん興味があるんじゃないかと思います。


よく見るとクワガタの隣に蓋付きカップがタワーのように並んでいたので、お姉さんに聞いてみたら「カブトムシの幼虫ですよ~」と返答が帰ってきて、幼虫もいるんだと目が飛び出ました。


幼虫なんて地元に売ってない…


と思ったわらび。カップの底から幼虫を見つめていたら「100円で良いよ~」と店主のおじさん。

マジでかー!!と即決で一頭買ってしまいました。

実は卵からが叶わなくても、幼虫からカブトムシを育ててみたいという思いがあったので。


ルンルン気分で幼虫を手に持ちながら戻ると虫が苦手な同僚さんがうわーっと声をあげていました。


お祭りの露店を周りしばらくして、一頭だけじゃ可哀想な気がしてしまいお店の方に行ってみると幼虫は売れてなかったみたいで。

もう一頭くださいと言ったらおまけにもう一頭いただきました。三頭の幼虫ちゃん…


そんなこんなで三頭の幼虫ちゃんを手に今帰宅しました。


小さい頃から幼虫からカブトムシを育ててみたかったので願いが叶えられて嬉しいです。

幼虫ちゃんになんて名前をつけようかちょっと楽しみだったり(笑)


虫が苦手な方もいらっしゃると思いますので、成長記録は画像無しで綴っていこうかと思います。

それか別ページでも作ろうかなと。


今日は素敵な出会いが会った1日でした。



ご褒美




そう、新しいゲームを始めると危ない。

確実に毎日長時間遊んでしまうこと間違いなし。


数ヶ月前に購入したP5、発売前から川ちゃん萌をこじらせているので始めると確実に川ちゃんしか言わなくなることが見えてきたのでゲームを封印しています。


発売前の映像を見る度転げ回っていたので、今始めると創作が全く進まなくなるのが目に見えている。

狐面に和と刀、癖のある浮き世離れした青髪の美少年…ドツボなんですホント…


検索に彼の名を投げ、表示される画像を見て日々癒されています。

グッズを見て転売屋が…と唇を血で滲ませながら通販を覗き。


そんな私を見て友人が


「旬な今だからこそ始めないと数年後は供給すら難しくなるんだから今遊んだ方が良いじゃん!波に乗りな!」



…と的を得たお言葉をいただき。



確かにそうなんです、そうなん…だけどおっ!!!


上に書いた通りでもあるんですけど、今年中に本編を上げたい気持ちが強いので無事1話を上げた後自分へのご褒美に遊びたいと考えています。


ゲームは一気に遊びたいタイプで節度を守って日々プレイすれば良いですがそれが出来ない気がするので。

創作も娯楽趣味も自分に合った方法で楽しみたいなと。


来月は今月より休みが少しだけ多いので休日はゆっくり絵を描いて過ごしたいです。




作業用机

自宅の作業用机が体に合わない…と思いながら早数年。

小学生の頃から使い続けていたお古の学習机が今日になってやっぱり合わないと再認識。


そして職場でよく利用している会議用テーブルとイスが使いやすくて体に馴染むことに気がつきました。

現在使っている学習机は小学生が使うにはちょっと高さが高すぎた机で。


椅子の高さを調整しても大人になった今でも座っていると違和感も。

机に合わせようとすると床に足が着かなくて宙ぶらりんに。


それと作業をし始めると使う道具を机全体に広げて置くため場所を取ります。

使う道具なのでどうしても机の上に出しておきたいと思ってしまって、散らかってしまうのです…


それを考えると会議用テーブルは私にとって魅力があるテーブルでして…

横に長いのが良いんですよね。真ん中に座れば必要な物を両サイドに置けるし、テーブル裏の収納スペースもファイル事トーンをしまうのに最適で。

更に高さがちょうど良いので調整可能なイスだと体に合わせるには相性抜群なのです。


テーブルとチェアーの一式が欲しい。

私の作業場革命を起こしたい勢いです。

近場の家具屋さんに訪れても、デザインが良くても自分に合う大きさや高さではないことも多々なので。

レトロでお洒落なテーブル、本当は欲しいけど高さの壁には打ち勝てない(涙)


確実に万単位は飛ぶこと間違い無しなので、今からコツコツ貯金します。

手に入るまで部屋のレイアウト考えておかなきゃ。



創作とは全く関係ない話



題名と同じく創作とは全く関係ない話をします。


昨日は久しぶりに遠出してきました。

…と言ってもそんなに遠くないかな、片道2時間運転。

数日前は雨の予報でしたが無事晴天でした。


仕事の同僚さんと2人でお出かけ、2人で遠出するのは初めてで。

道中話ながら運転していたのですが、話題が尽きず楽しい時間を過ごせました。


お話中突然FF10の話になり、周りの友人知人は女の子だとユウナかリュックのどちらかに傾く傾向があって私はルールー派で影から熱く推していましたが、彼女を好きだと言う人に初めて出会い嬉しさで踊り出したくなりました。運転中踊ったら危ないね。

ひっそり言うと12はフランお姉さま推し。


私の創作傾向では可愛い女の子が好きそうな印象が強いと(勝手に)推測しているのですが、お姉さま系キャラクターは大の好物です。スタイル抜群なお姉さま大好き。

もちろん可愛い女の子も好きですし、好きの幅が広いので雑食寄りだったりもします。


同僚さんから色んなゲームのお話を聞けたので、往復は収穫山盛りでした。


元々1ヶ月前から遠くのショッピングモールに行こうとお話が出ていて、当日雨が降ることなく無事目的地に着いたので一安心でした。


暫く長い時間の運転をしていなかったけど、比較的穏やかに走れました。

いつもだとトラックの運ちゃんに煽られること多々でしたので。そう思うと今日は平和な道中でした。

運転速度はちゃんと守る派。


モールに入って色々と見て回りましたが、今日の収穫は耳飾り。

じゃーん!キラッキラ!

趣味全開のチョイスですが、一目惚れしてお迎えしました。

赤が多めです。いつもは青と緑ばかり買ってしまうので、珍しく赤色を。


と言うものの、たまたまセール日に当たって一品300円での大放出。

他にも可愛いデザインが何点か見かけたのですが、買いすぎはいかんと思いながら4個に絞りました。


ピアスもイヤリングも気に入った品が見つかれば金具がどちらでも構わず買います。

金具を付け替える技術を身につけたので。

よくゴテゴテした重みのあるデザインが好きで買ってしまいます。アンティーク系の大きな耳飾り好きなのです…


私は耳に穴はあけていませんが、付き合いの長い友人が次に合うときにピアッサー買ってきてあげるから!と言われ、それならあけるかーと思ったところで(笑)

本当は穴あけるのが怖かった‥と言う臆病な理由でしたが、ピアッサーは痛くないと聞いたので多分大丈夫(?)かな?


いや、だって古い話ですがよく画鋲や安全ピンでブスーッ!!とあけちゃったって言う人周りでよく聞いてたので、もう怖い出血多量じゃないかと思ってしまって。

終いには耳が膿んでるのトリプルアクセルですよ…

私には怖くて出来ない。


近場の皮膚科に行ってあけてもらおうか悩んでズルズルと来てしまったので、これを気に次に友人と会った時にでもあけてもらおうかと思います。

大丈夫、怖くない怖くない…


話が耳飾りの話になりましたが、他は色々と雑貨屋さんや服屋さん巡って1日が終わりました。

帰りはずっと前から気になっていた忍者モノのB…おっと!


…とそんなこんなで1日楽しんできました。

また機会があれば、雪が降る前に行きたいな~とのんびり考えています。



アナログと時の流れ



先日PCに触れる機会があり久しぶりにフォトショップを使って絵を描きました。久々に使うと楽しい。

サイトに上げているイラストを見ればわかるのですが、アナログ絵ばかりでデジタルは一枚しかありません。


ツイッターで繋がっているフォロワーさんはよく呟いているので知っているのですが、PCがダメになる前はデジタルでイラストを描いていました。

…と言ってもあまりね、ソフトを上手く使いこなせていたのかと言うと微妙な所ですが(苦笑)


好きな漫画家さんに憧れて、透明水彩→コピック→不透明水彩→コピック、と何度も移り変わって行く辺り、コロコロ変わってしまうことも多々あって。

水彩が上手く扱えずしょんぼりしてまたコピックに戻る傾向です。わかりやすい。


なんだかんだコピックは高校生時代からの付き合いでもうかなりの年月がたちました。時の流れよ…

当時はアルバイトで貯めたお金で画材を買っていました。

部活と両立していたのであまり仕事が出来なかったのでそんなにお給料も無く、近くの画材屋さんがお正月に画材を値下げする初売りが開催されるのでその時にごそっとまとめ買い。


一年に一度の初売りは高校生の私にとって魅力的なセールでした。

お世話になっているそのお店は今でも足を運んでいます。

誕生日にお葉書もいただくので、お店の店主さんは覚えてくれているかもしれません。

そう思うと形に残る葉書は嬉しいです。


ちょっと話が逸れましたが、デジタルも楽しいですがやっぱりアナログが親しみ慣れています。

一番慣れているのがコピックなので何度画材を変えても自然にそちらに戻る感じではありますが、イラストが完成すると1枚の原画として手元に残るので、その原画を眺めるのが好きだったりもします。


アナログ絵を描く身としてはいつか季刊SやSSに投稿してみたい、とひっそり夢焦がれています。

未だなかなか勇気出せなくて送れないけど。


ゆったりペースではありますが、好きな画材を使って好きな絵を描いて楽しくイラストを描ければそれで幸せです。




りえと愁也が生まれたきっかけ



りえと愁也が生まれたきっかけについて。


ツイッターでは創作らしいことをあまり呟けていないので、こちらで書き綴ろうかと。

長くなるので覚悟してください、ね…?



それは遡ること20XX年…

とあるファミコンゲームが携帯アプリに移植し、初めて遊んだ携帯ゲームがDDS2でした。勿論当時はガラケー。

ヒロインの魔女様がそれはもうとてもツボでツボで…私の金髪好きを目覚めさせてくれたきっかけでした。

芯が揺らがない気の強い女性は最高で(笑)

ツンデレが良いのも再認識させてくれましたね、ドラッグマユミちゃんイベントは心に衝撃を残してくれたので好きな一大イベントです。


金髪萌を拗らせたその後、ツイッターで繋がっているフォロワーさんはご存知(多分)だと思いますが、私は森薫先生の作品が大好きで。

シャーリーを読んだことがきっかけで英国の金髪女性は素敵だ…!!と金髪女性に拍車をかけてしまいました(笑)


その勢いで、オリジナルの金髪女子を描きたいと想いを熱く胸に掲げてしまったことにより、りえが誕生しました。

当初はツンデレ設定でお嬢様のような出で立ち、強気な女の子でした。

髪もふわふわしていてお上品に纏まっていて。


それからりえ1人だけだとかわいそうなのでNLが良いかも…と思いながら愁也が生まれました。


愁也のデザインについてはまたメガテン繋がりですが、小説版の女神転生から北爪先生が描かれる中島朱実が美しくて。

そんな美男子を描いてみたいと影響を受けて愁也が生まれました、生まれた当時も分け目が危うかったけど(笑)


生まれた当時の愁也は頭も良く運動神経抜群、クラスでも人気者と3拍子が揃っていました。

そんな愁也とりえを2人並べてみると、りえがツン全開、それに対する愁也は毒舌で応戦…


はっ、話が進まねえーっ!!


…と私の力量不足でお話が成り立たなかったのです(悔し涙)


その後女の子らしさとは…と頭を抱えながらも、りえの性格は天然だけど明るい女の子、特技がお裁縫だったりうさぎを飼うことが夢で憧れていたりと、気付いたら自然に設定が固まりました。


愁也は自己紹介漫画の通り鈍感な珈琲男です。

飼っている愛犬の大河も今後追ってお話を描ければ良いなと想い描いています。

愁也は自己紹介漫画には触れていない謎も秘密もあったり…


今年中には本編1話を更新したいと考えているので、訪問者さんの楽しみに繋がれたら嬉しいなと思っています。


長くなりましたが、そんなこんなでりえと愁也にはそんな逸話(?)がありました。

漫画を読んでる時にでも思い出してくすっと笑ってあげてください。




ブログ始めました。



ブログ始めました。

ツイッターでは日常や創作のあれこれをフリーに呟いていましたが、当サイトも倉庫化し気味でもあるので、これを機にブログなんてどうだろうと思った所存でございます。


現段階ではツイッターはちょっと鍵かけさせて頂いてます。

のびのび呟きたかったのが本音、現実の知人にアカウントがバレかけているのを知りこれはまずいと思いながらもガッチリ鍵をかけました。


困ったことにむっつりすけべなので変な解釈と共に知られるのは勘弁、ということですね。


さて、挨拶が遅れましたが初めましてわらびと申します。女の子の絵を描くのが大好きなお絵描き人です。

基本のんびり屋ですがよろしくお願い致します。


サイトですが、基本ツイッターで上げたイラストや漫画をこちらで上げています。

りえと愁也の漫画に関してはアルファポリスさんとマンガハックさんにお世話になっております。

当サイトと同じ作品をそのまま掲載しています。


どちらのSNSさんも面白い漫画や小説が沢山連載されていますので、気になる方は検索してみてください。


現在りえと愁也はお話作りの真っ最中です。

今年中に本編の一話を上げることを目標です。

そして愛情たっぷりの2人を可愛く描いてあげたい。


基本ブログは創作内容についての垂れ流し(?)なので、ゆる~くお付き合いしていただけると幸いです。

ツイッターの字数制限では呟けないあんなことこんなこと、長文で綴っちゃいます~!


ではでは(^_^)ノシ